小田象製粉株式会社

History沿革

私たちの
歴史と歩み

創業期

1924大正13年3月
小田象一が31歳で小田象商店を創業。荒物・雑貨類・塩等の専売品を中心とした地方の百貨店として妹尾町・興除村・藤田村の農家を中心に商売。
1948昭和23年1月7日
有限会社小田象商店(代表取締役小田象一)、資本金195,000円(戦後、特例法 により資本金は20万以下に制限)を設立。戦後の転換期一時、精米工場を経営 していたが、仕事は米の収穫期に限られて安定しなかったので、製粉に転換した。 戦後の食糧難を補うべく農林省政府委託加工工場として稼働を開始。
1949昭和24年7月
都窪郡妹尾町763番地(現在岡山市南区妹尾)に木造2階建て28坪の製粉工場  操業開始。
1952昭和27年
赤象、青象、白象の銘柄を発売。
1957昭和32年
新製品として「特王冠」「王冠」を発表。 初代社章を制定。

成長期

1958昭和33年
株式会社組織に改組。
1960昭和35年4月28日
新工場起工式。
1960昭和35年5月10日
小田象製粉株式会社に社名変更。
1961昭和36年5月9日
新工場稼働。中・四国地区では最初のニューマチックシステムを採用。設備能力64.5トン。
1963昭和38年8月
新製品「金象」を発売。
1965昭和40年
小田象一 勇退し会長就任。 小田廣士 社長就任。
1966昭和41年
福山営業所開設。
新製品「力象」発売。

設備能力98.8トンに増設。
1967昭和42年
倉敷税務署より優良申告法人の表敬状を受ける。
1968昭和43年
象友会発足。
1970昭和45年
設備能力104.8トンに増設。
1971昭和46年
新製品「中華エース」発売。
1973昭和48年
岡山税務署より優良法人の表敬状を受ける。
1974昭和49年
資本金2500万円に増資。
1975昭和50年
設備能力112.4トンに増設。ビューラー社の新鋭機械導入。

発展期

1977昭和52年
創立30周年。金象会発足。
1978昭和53年
資本金4000万円に増資。
1979昭和54年
小田善一 Swiss Milling School(SMS)卒業。
1981昭和56年2月11日
小田廣士 「象士館道場」を館長として開場。
1982昭和57年
ビューラー社新鋭機械導入し製粉工場大改造。設備能力145.6トンに増設。
1983昭和58年
社長 小田廣士が「協同組合全国製粉協議会」の会長に就任。
社長 小田廣士が昭和58年秋の叙勲「勲六等瑞宝章」を受賞。
新ロゴマークを採用。
1985昭和60年
水島食品コンビナート(C地区)、
倉敷市児島塩生2768-68に2900㎡の工場用地を取得。
1987昭和62年5月
水島新工場稼働。設備能力を155.9トンに増設。
1989昭和64年
ロイヤル会発足。
1993平成5年5月
佐藤一貫 代表取締役社長に就任。
1999平成11年8月
ISO 9001国際標準化機構の認定工場となる。
2000平成12年4月
田辺雄輝 代表取締役社長に就任。
2004平成16年5月25日
小田善一 代表取締役社長に就任。
岡山西税務署より優良法人の表敬状を受ける。
2005平成17年
創立60周年記念「ヌフ・ヴァンテ」発売。
2006平成18年
小麦粉バラサイロ建設を建設。(30トンサイロ4基)
2007平成19年
フスマダストレスローダー設置。
2008平成20年
AIB監査において、Excellent(865点)合格。
2009平成21年
小麦粉バラサイロ 30トンサイロ4本増設。
2010平成22年
小麦粉バラサイロ 30トンサイロ4本増設。
2011平成23年
製粉工場内にクリーンエアーシステムを導入。
2012平成24年
AIB監査「Superior」920点取得。
2014平成26年
小田善一 取締役会長に就任。
小田眞司 代表取締役社長に就任。
2015平成27年
創立70周年ブランドZOOシリーズ立ち上げ、
ZOOシリーズ第一弾新製品「KISA」発売。
2016平成28年
大阪営業所開設。
小麦粉パッカーリニューアル。
ふすまパッキングライン自動化。
2017平成29年
県内産小麦使用「もんげー粉」発売。


ミックスナウターラインリニューアル。
2018平成30年
ZOOシリーズ第2弾新製品GANESHA、第3弾新製品BAISHANG、
第4弾新製品Momelt販売。

ミックスパドルラインリニューアル。ミックスコニカルライン新設。
2019令和元年
会長 小田善一 令和元年秋の叙勲「藍授褒章」を受賞。
自動加水システム新設。
2020令和2年
製パン用粉Ble charme、ZOOシリーズ第5弾新製品RoyalRipe発売。
News

News新着情報

すべて見る
Contact

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:086-475-2211

フォームでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ